• 家の光協会が開催する
  • さまざまなコンテストや
  • 地域に読書の輪を広げる
  • ための講座等を紹介します

一般社団法人 家の光協会は、
JAグループの出版文化団体です。

家の光公募サイトからのお知らせ

 

コラム「おむすびとわたし」の第21回を掲載しました~おむすびキッズコンテスト~

コラム「おむすびとわたし」の第21回を掲載しました。今回は料理研究家で「ザ・地産地消家の光料理コンテスト」の審査員でもある宮本和秀さんにお話を伺いました。 ぜひ、ご覧ください!

カテゴリー:おむすびキッズコンテスト  投稿日:2019年9月20日

第21回 料理研究家 宮本和秀 みやもとかずひで さん

手を水でぬらし塩を広げ、熱いごはんを握る。熱くて我慢がならないからおのずとふんわり握られ、おいしいおむすびになる。 昔はコンビニおむすびなどはない。遠足、運動会、夜食の折に、母の握ってくれたおいしいおむすびが思い起こされ …

カテゴリー:連載コラム「おむすびとわたし」  投稿日:2019年9月20日

第20回 写真家 鈴木正美 すずきまさみ さん

僕はこれまでたくさんのおむすびと出会い、撮影させていただきました。 その日は連日の撮影で、疲労困憊のまま、夜遅くに関西へ入る予定でした。現場を後にする僕に、料理家の先生が紙袋を渡してくれました。 「まさみちゃん、汽車で食 …

カテゴリー:連載コラム「おむすびとわたし」  投稿日:2019年9月17日

コラム「おむすびとわたし」の第20回を掲載しました~おむすびキッズコンテスト~

コラム「おむすびとわたし」の第20回を掲載しました。今回は写真家の鈴木正美さんにお話を伺いました。 ぜひ、ご覧ください!

カテゴリー:おむすびキッズコンテスト  投稿日:2019年9月17日

第19回 童話作家 すとうあさえ さん

学生時代のサークル合宿でのことです。 私がにぎったおむすびを見て、友人が大笑いしました。 「変な形!」って。 確かに俵でも三角でもない、あいまいな形。 それ以来、私は自分のおむすびにコンプレックスを持つようになりました。 …

カテゴリー:連載コラム「おむすびとわたし」  投稿日:2019年9月10日

コラム「おむすびとわたし」の第19回を掲載しました~おむすびキッズコンテスト~

コラム「おむすびとわたし」の第19回を掲載しました。今回は童話作家の すとうあさえ さんにお話を伺いました。 ぜひ、ご覧ください!

カテゴリー:おむすびキッズコンテスト  投稿日:2019年9月10日

岸本葉子さんのエッセイの書き方&ワンポイントアドバイスを掲載しました

「岸本葉子さんのエッセイの書き方&ワンポイントアドバイス」の第2回を掲載しました。 講座を読んで、「家の光読書エッセイ」に応募しましょう。 テーマは自由。読書にまつわるエッセイを募集しています。 募集期間は11月15日必 …

カテゴリー:読書エッセイ  投稿日:2019年9月9日

コラム「おむすびとわたし」の第18回を掲載しました~おむすびキッズコンテスト~

コラム「おむすびとわたし」の第18回を掲載しました。今回はテレビや雑誌でおなじみの料理研究家 今泉久美さんにお話を伺いました。 ぜひ、ご覧ください!

カテゴリー:おむすびキッズコンテスト  投稿日:2019年9月6日

第18回 料理研究家 今泉久美 いまいずみくみ さん

誰でも、真っ先に思い浮かぶおいしいおむすびといえば、お母さんがにぎってくれたものでしょう。 でも、幼いころの私にとって母のおむすびはおいしくないものでした。 料理上手だった母ですが、祖母を早くに亡くしていたため、30歳か …

カテゴリー:連載コラム「おむすびとわたし」  投稿日:2019年9月6日

第17回 薬膳料理研究家 山田奈美 やまだなみ さん

おむすびにはうるさいほうだと思う。 お米の精米から始まって、洗い方、浸水時間、水切りのタイミング、そして土鍋の火加減と蒸らし加減。 そのすべてがおむすびの出来を左右する。 上手につやつやふっくら炊きあがったごはんは、やけ …

カテゴリー:連載コラム「おむすびとわたし」  投稿日:2019年8月30日

 

_
ページトップへ