• 家の光協会が開催する
  • さまざまなコンテストや
  • 地域に読書の輪を広げる
  • ための講座等を紹介します

一般社団法人 家の光協会は、
JAグループの出版文化団体です。

ようこそ! 🏠家の光✨の
絵本のSOBAそばへ

絵本の選者:正岡慧子先生

いつでも、どこでも、気軽に手に取れる絵本、あらゆる分野を網羅して、心の成長のために、学びのために、安らぎのために、多くの宝物をくれる絵本、どうぞ手に取って読んでみてください。

ひとりで読むのも、家族で読むのも、多くの子どもたちに読み聞かせるのも自由です。

絵本の選者 正岡慧子(絵本・児童文学作家)

絵本のSOBAそばとは

SOBA(そば)はクロアチア語で「部屋」のこと。
みなさんが絵本のSOBA(そば)で過ごす時間がより充実することを願って情報をお届けします。

2023年1月の”推し”絵本

※各絵本をクリックするとコメントが表示されます。

ようこそSOBAへ

今月のお客様

明けましてあめでとうございます。間部香代です。

間部香代

まべかよ。愛知県生まれ。コピーライターを経て、児童書を中心とした作家になる。著書に『回文で遊ぼう きしゃのやしき』(あかね書房)、『まーだだよ』『どんぐりないよ』(鈴木出版)、『しょうぎ はじめました』(文研出版)、『区立あたまのてっぺん小学校』(金の星社)、『キニ子の日記』(WAVE出版)、『切手デザイナーの仕事』(グラフィック社)など。日本児童文芸家協会会員。

令和4年11月5日「JAPEX2022」でトークイベントに出演しました!

令和4年11月5日「JAPEX2022」でトークイベントに出演しました!

第57回全国切手展「JAPEX2022」
11月5日(土)14:30〜15:30

『切手デザイナーの仕事 〜日本郵便 切手・葉書室より〜』の刊行を記念して、日本郵便の玉木明デザイナーとともに、切手デザイナーにまつわるトークをしました。多くの方にご来場いただき、立ち見の方もいらして感激しました。 ご来場くださった皆さま、関係者の皆さま、ありがとうございました。

新刊のご紹介

●『切手デザイナーの仕事 〜日本郵便 切手・葉書室より〜』が発売中!

著 間部香代
出版社 グラフィック社
税込価格 1,980円

日本の切手をデザインしている、8人の切手デザイナー。彼らについて書かれた本は、本書が初めて。日本郵便のご協力のもと、切手・葉書室に足繁く通い、お一人ずつにじっくりとお話を伺いました。ある人は100点の切手について語り、ある人は切手デザインの会議の進め方を語り、ある人は印刷加工について、またある人は青春時代の蒸し暑い夏の思い出を。1人ひとりのリアルな姿が浮かび上がり、多彩なテーマを盛り込んだ1冊になりました。
ネット書店では白いカバーのまま、リアル書店では赤い帯が目印です。本書を見かけることがありましたら、手を止め、足を止め、視線を注いでいただけたら幸いです。

●早口ことばの絵本3冊
1 『はやく はやく! 早口小学校 〜お口のたいそう 早口ことば』
『はやく はやく! 早口小学校 〜お口のたいそう 早口ことば』<

作 間部香代
絵 石川基子
出版社 あかね書房
税込価格 1,980円

こんな学校あったら大変? それとも楽しい?

1冊目は、早口小学校のお話です。1年1組1番のいちいいちろう君をはじめ、早口小学校の子どもたちは1日中早口言葉をいっています。
朝のあいさつも早口で、
「おはよう いおうよ いおうよ おはよう」
「おはよう いうよ いうよ おはよう」

英語の授業では、大きいブタ、ピンクのブタ、大きいピンクのブタを早口の英語で、
ビッグ ピッグ ピンク ピッグ
ピッグ ピンク ピッグ

運動会の種目だって、こんな感じ。
ときょうそう
ときどきドキドキときょうそう
ときどきドスコイときょうそう
ときどきトキメキときょうそう

そんな早口小学校に、年に一度のとくべつな日がやってきました。
12月9日、「じゆうに」「く」ちを休ませる日。この日ばかりは、早口言葉をいうのはやめて、みんなゆったり話します。
早口小学校に入学したつもりで、授業や行事に早口で参加してくださいね。

2『早口城 はやくちツアー 〜おなじみの 早口言葉』
2『早口城 はやくちツアー 〜おなじみの 早口言葉』

作 間部香代
絵 浦本典子
出版社 あかね書房
税込価格 1,980円

殿様の座をかけて、いざ、お城の頂上へ!

2冊目の舞台は、早口城。ある日突然、招待状が届いて、お城の早口言葉をすべていえたら殿様になれるというのです。この本に登場するのは、よく知られた定番の早口言葉と、そこにアレンジが加わった早口言葉。
たとえばお城の廊下では、
ぼうずが びょうぶに じょうずに ぼうずの えをかいた
ぼうずが しょうじに しょうゆで きょうふの えをかいた

台所の近くでは、
にわには二わ にわとりがいる
ニラなら二わ ニラレバにいる

お座敷では、
赤パジャマ 青パジャマ 黄パジャマ
あらパジャマ あのパジャマ きたパジャマ

最後は、長い長い早口らせん階段を早口言葉をいいながら一気に昇り、お城のてっぺんで殿様の座をかけた早口言葉に挑戦! さあ、あなたは殿様になれるかな?
謎のおかっぱ軍団と、すぐにけんかをする城の用心棒たちにも、ご注目を。

3『ハヤクチさんと ギナタさん 〜早口ことばと ぎなた読み』
2『早口城 はやくちツアー 〜おなじみの 早口言葉』

作 間部香代
絵 田中チズコ
出版社 あかね書房
税込価格 1,980円

仲良しだけど全然ちがう、不思議コンビ!

3冊目は、早口言葉だけでなく「ぎなた読み」の言葉が登場します。ぎなた読みとは、区切る位置が変わると意味が変化する言葉です。
早口で話すハヤクチさんと、ぎなた読みでどちらの意味で話しているのか分からないギナタさん。

ハヤクチさんが
「たんじょう日は 八つく月の 八つく日にち
 八ちょうめ 八ばんち
 だい八さんいんの 八かい 八ごうしつで 生まれたんだよね」

といえば、ギナタさんは歯磨きをしながら、
「は ち だ ら け だ」といい、
「八だらけだ」と聞こえたり、
「歯、血だらけだ」と聞こえたり。

ハヤクチさんが早口で、
「いたいた イカいた タコいた タイいた
エビいた エイいた カニいた カイいた」
といえば、
ギナタさんは、
「す ぐ そ こ に い る か」といい、
それって「すぐ、そこに、イルカ」?
それとも「すぐ、そこに、いる、蚊」?

ほのぼのしていて、どこかヘンテコ。仲良しコンビと、ぜひ友だちになってくださいね。

ページトップへ