• 家の光協会が開催する
  • さまざまなコンテストや
  • 地域に読書の輪を広げる
  • ための講座等を紹介します

一般社団法人 家の光協会は、
JAグループの出版文化団体です。

ようこそ! 🏠家の光✨の
絵本のSOBAそばへ

    絵本の選者:正岡慧子先生

    いつでも、どこでも、気軽に手に取れる絵本、あらゆる分野を網羅して、心の成長のために、学びのために、安らぎのために、多くの宝物をくれる絵本、どうぞ手に取って読んでみてください。

    ひとりで読むのも、家族で読むのも、多くの子どもたちに読み聞かせるのも自由です。

    絵本の選者 正岡慧子(絵本・児童文学作家)

    絵本のSOBAそばとは

    SOBA(そば)はクロアチア語で「部屋」のこと。
    みなさんが絵本のSOBA(そば)で過ごす時間がより充実することを願って情報をお届けします。

2022年1月の”推し”絵本

※各絵本をクリックするとコメントが表示されます。

ようこそSOBAへ

今月のお客様

童話の会「ペパン」の皆さま

● 子どものあしたへ、童話のタネを!
同人誌発行
同人誌発行
時には野外授業も
時には野外授業も

童話の会ペパンは、絵本作家、童話作家をめざし、学び活動している自主サークルです。2012年にスタートしました。サークル名の「ペパン」とはフランス語で「種」という意味。私たちが作家としてのタネであると同時に、「おはなしのタネを探しましょう」という講師の光丘真理先生の言葉から引用して名づけました。

会のメンバーは、子育て中のママから70代までと、年齢も経歴もいろいろです。毎月1回集まって、それぞれが書いてきた作品を、みんなで講評し合います。

「対象となる子どもに伝わるか」「もっとオリジナリティを出すには」など、率直に意見交換をし、講師の先生の指導をいただきながら、切磋琢磨しています。そうしてできあがった作品は、コンクールに応募したり、同人誌を発行したりして、発信しています。

講評風景
講評風景
オンライン開催
オンライン開催

また、作家や編集者の方々をお招きする特別講座では、ちがった視点からの学びを得ています。その他、ときには即興でお話を考える創作会や、お花見やクリスマス会なども行い、日常や自身の子ども時代にある「おはなしのタネ」を探しています。

会場は東京の国分寺にある、絵本とおはなしの店「おばあさんの知恵袋」。絵本屋さんですので、資料となる絵本がいっぱいです。緊急事態宣言中はオンラインで開催し、その後は公民館の広い部屋を借りたりと工夫しています。

講師は児童文学作家の光丘真理さん
講師は児童文学作家の光丘真理さん

光丘さんは、絵本からYAまで様々な本を出されています。

光丘真理さんの絵本と幼年童話
推し絵本「タンポポ あの日をわすれないで」

「タンポポ あの日をわすれないで」 作/光丘真理
絵/山本省三
出版社/文研出版
税込価格/1,430円

東日本大震災が起こったあの日―。まいちゃんやさきちゃん、まわりのみんなの日常はすっかり形を変えてしまいました。お父さんと弟を失ったさきちゃんは転校することに。でも、津波の被災地で見つけた希望の花タンポポ。子どもたちの願いが綿毛となって飛んでいって、明るい笑顔の花がたくさん咲きますように!

推し絵本「ながれぼしのランドセル」

「ながれぼしのランドセル」 作/光丘真理
絵/コマツシンヤ
出版社/フレーベル館
税込価格/1,320円

じいちゃんに買ってもらった、ながれぼしのランドセル。だけど、ロッカーには同じランドセルがならんでいて……。ある日、だいすけはのぶやくんの下じきをうっかり傷つけてしまいます。大事な物を傷つけられたら、自分だったら許せない! だったら、のぶやくんは? ながれぼしのランドセルが二人の心をつなぎます。

絵本の出版を果たしたメンバーたち!
推し絵本「にんじん ごぼう だいこん」

「にんじん ごぼう だいこん」 文/三田村慶春
絵/はやし らん
出版社/世界文化ワンダークリエイト
税込価格/360円

日本の昔話の再話絵本。長い旅をして真っ黒になってしまった、にんじんとごぼうとだいこんが、お風呂に入ります。にんじんは熱い湯を我慢して入り、ごぼうは余りの熱さに逃げ出します。だいこんはお風呂が大好き。ゆっくりと湯につかり体を洗いますと、あれあれ見違える色に……。わらべ唄を交えた楽しい絵本。

推し絵本「たまごのウウントネ」

「たまごのウウントネ」 作・絵/いげたゆかり
出版社/世界文化ワンダークリエイト
税込価格/390円

もうすぐ、くりのき園で音楽発表会があります。やりたい楽器を先生に聞かれましたが、なおくんだけが答えられません。「ううんとね……」と考えていたら、頭の中にぽこっとたまごのウウントネが生まれました。悩んで迷って、やっとたまごが割れました。中から飛びだした声は、「ぼくもシンバルやりたーい!」。

推し絵本「うーん うん うんちちゃん」

「うーん うん うんちちゃん」 文/渡辺朋
絵/村上康成
出版社/文響社
税込価格/1,375円

うーんうん うんちちゃん うーんうん 待ってるよ。けれども うんちちゃん、なかなかきてくれません。え、うんちちゃん、歌を歌ってるって!?

渡辺朋と人気絵本作家の村上康成が贈る「まっててねおともだち」シリーズ一作目。赤ちゃんから幼児向け。シリーズで続々出版!

これからも、子どもたちの希望の種となるような、そんな絵本や児童書作りをめざして、活動していきます。(ペパン一同)

ページトップへ