• 家の光協会が開催する
  • さまざまなコンテストや
  • 地域に読書の輪を広げる
  • ための講座等を紹介します

一般社団法人 家の光協会は、
JAグループの出版文化団体です。

第5回 児童文学作家 
正岡慧子 まさおかけいこ さんお知らせ

もの言うおむすび

私は子どものころ、えんどう豆が嫌いでした。でも母はよくえんどう豆料理を作りましたし、お弁当にも入っていました。食べずに残すという私の反抗が何度か続いた頃、お弁当に大きなおむすびが2個だけという日がありました。そのおむすびには、緑の丸い目と細く切った海苔の眉と口があり、そのOオーの字やへの字の口は何か私に文句をいいたげでした。母の思いをかみしめながら、私はその日からえんどう豆を食べるようになりました。懐かしい思い出です。

投稿日:2019年7月5日  カテゴリー:連載コラム「おむすびとわたし」

ページトップへ