• 家の光協会が開催する
  • さまざまなコンテストや
  • 地域に読書の輪を広げる
  • ための講座等を紹介します

一般社団法人 家の光協会は、
JAグループの出版文化団体です。

第32回 家庭料理家 本田明子 ほんだあきこ さんお知らせ

女友達との会話。

生きていれば、楽しいことも、嫌になることも。野を越え、山越え人は生きている。

「ねえ、気持ちの切り替えって、どうしてる?」

「おむすびを食べる」自分でも驚くほど即答した。

米を炊き、塩をまとわせた素手で、あつあつご飯と空気を包み込むように、

ご飯粒をまとめる。どんな形だっていい。

大好きな人か、神様が選んでくれた見知らぬ人でもいい。

自分で作るより、だれかに作ってもらうとおいしいことのほかに、底力が湧いてくる。

おむすびはそういう食べものだ。

投稿日:2019年11月27日  カテゴリー:連載コラム「おむすびとわたし」

ページトップへ