• 家の光協会が開催する
  • さまざまなコンテストや
  • 地域に読書の輪を広げる
  • ための講座等を紹介します

一般社団法人 家の光協会は、
JAグループの出版文化団体です。

第23回 デザイナー 岩佐 寛子 いわさひろこ さんお知らせ

お昼になると、いつもおむすびを食べる同級生がいた。

小柄でぽっちゃり、まあるい眼鏡をした彼女は廊下側から2番目の最前列の席、ブラウスの1番上のボタンをきちんと掛ける生徒だった。

今思えば、佇まいの全てがおむすびのようで可愛かった。

のりの巻かれたまあるいおむすびを両手で持ち、ひと口ひと口大事そうに食べ、机の上には同じようなまあるい真っ赤なトマトを、まるで順番を待っているかのように置いていた。

弁当箱派の私の席から対角線上の、いつもの光景だった。

久しぶりに思い出したアオハルな時、ただただ懐かしい〜。

投稿日:2019年10月1日  カテゴリー:連載コラム「おむすびとわたし」

ページトップへ