• 家の光協会が開催する
  • さまざまなコンテストや
  • 地域に読書の輪を広げる
  • ための講座等を紹介します

一般社団法人 家の光協会は、
JAグループの出版文化団体です。

第10回 食農教育紙芝居コンクール入賞作品 食農教育紙芝居コンクール

第10回「食農教育紙芝居コンクール」入選作品発表

第10回「食農教育紙芝居コンクール」では、全国から91点の力作が集まり、厳正な審査の結果、計8点の入選作品が決定いたしました。

審査委員の講評から

応募される紙芝居のレベルは、回を重ねるごとにあがってきており、今回は子どもたちに楽しみながら食べものと農業の大切さを伝える作品、ユーモアな野菜が登場するなどの作品が数多くあった。その中でもみんなが楽しめる、わくわくしながら聞くことができる入賞作品に選んだ。

最優秀作品『でこん』は、「ダイコンの絵と物語がユーモアでおもしろい」という声があがり、独特なキャラクターが子どもたちに新しい視点を与えるのではないかと評価された。優秀作品『おしゃべりかぼちゃ』は、くまじいさんとねずみ君のやりとりがかわいらしく、一生懸命カボチャを育てる姿が食農教育におすすめだと評価された。『やよいとマーチ』は、子牛を育てる女の子の姿から食べ物をいただく大変さや、大切さを知るきっかけとなる作品だと評価された。

入選作品

最優秀賞/1作品

賞状・賞金10万円、副賞(旬の農畜産物)
「でこん」 灰塚 陽子(広島県)

優秀賞/2作品

賞状・賞金5万円、副賞(旬の農畜産物)
「おしゃべりかぼちゃ」 ひろい れいこ(東京都)

「やよいとマーチ」 有野 陽子(長野県)

佳作/5作品

賞状・賞金3万円

「土と王様」 武田 章子(北海道)

「たびしてにんじん」 佐々木 渚(山形県)

「えいごでだじゃれ おべんとう一週間 わたしとねずみくんのまき」 髙橋 マサ(神奈川県)

「わがままな殿様」 髙山 澄子(新潟県)

「おーい アスパラくーん たべていい?」 嘉村 靖子(新潟県)

※入選者氏名は敬称略、各賞内の並びは都道府県順

入選作品をダウンロードできます

使用上の注意

紙芝居を使用する際改変や部分コピーなどは著作権法に触れる行為です。固くお断りいたします。
また、紙芝居を有料のイベントなどの営利目的で使用することを禁じます。

使い方

  1. B4サイズの台紙を用意してください。紙を立ててみて、おじぎしない程度の厚さがおすすめです。
  2. ダウンロードしたい作品の「画像データ(PDF)」をクリックし、画像データを開きます。
  3. B4サイズの普通紙に絵(画像)を印刷して台紙に貼ります。
    ※A4サイズで印刷した場合は、B4サイズに拡大コピーしてください。
    ※絵の順番がわかるように番号をつけておきましょう。
  4. 上の2.と同じように「原稿データ(PDF)」をクリックし、文(脚本)を印刷します。
  5. 1枚目(表紙)の絵の裏に2枚目の原稿、2枚目の絵の裏に3枚目の原稿……、というように貼っていき、最後の絵の裏には、1枚目の原稿を貼りつけます。このようにして、すべてを貼れば紙芝居の出来上がりです。
ページトップへ