• 家の光協会が開催する
  • さまざまなコンテストや
  • 地域に読書の輪を広げる
  • ための講座等を紹介します

一般社団法人 家の光協会は、
JAグループの出版文化団体です。

第21回 料理研究家 宮本和秀 みやもとかずひで さんお知らせ

手を水でぬらし塩を広げ、熱いごはんを握る。熱くて我慢がならないからおのずとふんわり握られ、おいしいおむすびになる。

昔はコンビニおむすびなどはない。遠足、運動会、夜食の折に、母の握ってくれたおいしいおむすびが思い起こされる。食卓でいただく時はふんわりだが、持ち歩く時はやや固い。粗熱がとれてから握り直したのだろう。崩れて食べづらかった記憶がないからだ。塩加減と合わせ、母の手の平に込めた愛情の証である。

投稿日:2019年9月20日  カテゴリー:連載コラム「おむすびとわたし」

ページトップへ